カメラストラップでカメラをオシャレに使いこなす

種類

カメラストラップには前掛けタイプや斜めがけ、ハンドタイプの他に手首に付けるリストタイプなど様々です。
使いやすさを重視しているので、個人の使いやすいもを使用するのが一番です。
斜めがけのショルダータイプは、一眼レフカメラなどの重みのあるカメラを使用する人は、このような重みに耐えられるような作りをしたものを使用すると良いでしょう。
肩にかけるタイプのものなので、カメラの重さがダイレクトに首に負担のかかるタイプの前掛けよりも持ち歩きに適しています。
ハンドタイプのものは、手とカメラを固定することができるので、カメラを使用しやすいのですが、持ち歩く際には手に負担が大きいのでカメラポーチやカメラバッグを使用して持ち歩くことが推奨されています。
近年人気のあるストラップとなっていますが、他のストラップに比べるとまだ種類は少ないのでデザインよりも使いやすさを重視でデザイン性はほとんどありません。
リストストラップタイプは、多くの方が利用しています。
最近では、種類も増えていますが、手首に付けて持ち運ぶことが出来ますが、ハンドストラップのように手へのフィット感はありません。
しかし、種類やデザインが豊富なので好きなようにデザインを選ぶことが出来ます。

肩から斜めがけが可能なカメラストラップも十分便利ですが、プロの方はすぐに撮影体制にすることが出来るように機能性を求めているものが多いです。
斜めがけが基本ではありますが、カメラを逆さ吊りにすることによってカメラに手を添えるだけですぐにカメラを自然に構えることが出来るように設計されているものが多いです。
また、多くのカメラを使用するプロの方は、複数カメラが下げられるカメラストラップを使用することが出来るようになっています。
元来の斜めがけのものだと衣服ストラップが摩擦を起こしてしまいましたが、プロ用のものだとストラップ部分にスライドする機材が使用されているので、カメラをスライドさせる時にはストラップを動かさずにスライドさせることが出来るようになっています。
斜めがけストラップの場合は縦横にカメラを構える際に少しストラップがファインダーを覆ってしまったりすることもありますが、プロ用のものはファインダーを覆ってしまう問題もありません。
両肩にかけるタイプのものが多く、片方の肩にカメラの重みによる負担がかかり過ぎないようにするための工夫も十分です。